土木・建設用途で

​ドローンを使う方へ

土木・建設分野では、「工事の進捗状況の確認」がドローンの活用で見込めます。
現場の全体を空撮することにより工事の進捗状況が容易に把握する事ができ、工事管理の「見える化」が可能になります。

ドローンによる3Dを活用し、土木・建設工事における生産性向上が可能となりました。従来であれば、数週間の日数を要していたものが、数時間で完了することができます。