災害・救助活動用途で

​ドローンを使う方へ

人間が立ち入ることができない場所へ一早く急行し現状把握にドローンが活用します。
赤外線サーモグラフィカメラを搭載することで遭難者などの

探索や、音声による避難誘導を行えます。

ドローンの特徴でもある猛暑や放射線に強いことを活かし、

現場の状況や情報を適切に得ることができます。